Pawな日々

CoCoっち成長記・お気に入りな日々



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ココナツオイルとピューレ作り :: 2013/08/18(Sun)

 08/18/13 ココナッツオイルとピューレ作り

CoCo-081813-1

ボクの名前の由来になったココナッツ。 
我が家にはココナッツミルクとココナッツウォーターは常備されてるけど
今回、ココナッツオイルがニューフェイスとしてやってきました。
なんでもボクのご飯に入れるらしい・・・。  
 
CoCo-081813-2

クンクンクンクン・・・チェックチェック! 

 ココナッツオイルの効用
 ココナッツオイルは90%以上の飽和脂肪酸から成ります。
   ココナッツオイルの中の大部分の飽和脂肪は、中鎖・トリグリセリド(MCTs)です。
 MCTsの主成分としては、その40%以上がラウリン酸で、次に多いのがカプリン酸、
   次いでカプリル酸、ミリスチン酸、パルミチン酸が含まれます。
   また、2%のリノール酸(高度不飽和脂肪酸)と
   およそ6%のオレイン酸(単不飽和脂肪酸)も含みます。
 ココナッツオイルの利点のほとんどはMCTsに由来するものです。
   ラウリン酸は抗ウィルス、抗菌、抗真菌作用があります。
   カプリン酸とカプリル酸にも抗真菌作用があります。
 さらにMCTsにはアスレチックパフォーマンスをアップさせる作用、
   新陳代謝を促進させてエネルギー効率を高め、減量を助ける効果も期待できます。
 またMCTsにはタイロイド(甲状腺)のバランスを取るので、
   体重オーバーの子には減量を、そしてパワー不足の子にエネルギッシュな感じを与えます。
 Dr. Bruce Fife(栄養学と自然療法のドクター)によると
   ココナッツオイルは優しく代謝を押上げ、エネルギーとバイタリティを高め、
   病気から身を守り、治癒を促進すると述べています。
   そしてさらに(ボーナスとして)犬の皮膚とコートに有効であり、
   消化を促進し、アレルギーのリアクションを抑える効果があるとも述べています。
 定期的に与えることで数多くのベネフィットがあると述べられています。
   (この部分は「毎日ではない」と理解しています。
   「飽和脂肪酸」ですので過剰摂取は問題になると思いますので
   1週間に1回とかたまに定期的にというあげ方で行こうと思っています)

CoCo-081813-3

さっそく朝ごはんに1/2ティスプーンを加えました。 

CoCo-081813-4

この甘い香り、ボクちょっと苦手かも・・・なお顔。 

CoCo-081813-5

ご飯を前にしてブルーなCoCoっちです。 

CoCo-081813-6

その後、ママに励まされながらなんとか完食。 

CoCo-081813-7

・・・で、なぜか転がったのでオッケーみたいです。 

CoCo-081813-8

今日はお野菜とフルーツのピューレ作りをしました。 

今回の材料は、パープルケール、ダンディライオングリーン、トマト、
レインボーチャード、イタリアンパセリ、葉付きのキャロット、
ベビーブロッコリー、アップルガラ、ブルーベリー、ガーリック
(ガーリック以外は全てオーガニック)

CoCo-081813-9

こんな感じにしっかりピューレにして、
9オンスずつに小分けにして冷凍しておきます。 

line-blog
 CoCoちゃんとママの毎日のちいさな幸せ 
今日のボクのハッピー : 完食していっぱい褒められた
今日のママのハッピー : ピューレ作り終了~!
line-blog
  1. 美味しい手作り食と覚書
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<グリーングリーンごはん | top | 朝日の中の癒しの場所>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pawpawclub.blog46.fc2.com/tb.php/1106-d238c8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。