Pawな日々

CoCoっち成長記・お気に入りな日々



祈りを込めて・・・ :: 2012/03/11(Sun)

 03/11/2012 CoCoちゃん 2歳と357日 祈りを込めて・・・

CoCo-031112-2

東北地方太平洋沖地震から1年・・・
被災地の方々にとっては「まだ1年」だと思います。

今もまだ瓦礫の残る映像を見るたびに胸が締め付けられます。
それでも道路がきれいに舗装し直されていたり、
お店が開いている映像を見るとたまらなく嬉しいです。
これからもどんどん修復が進みますように・・・
希望がたくさん見えてきますように・・・

日本にこれ以上、大きな地震が来ませんように、
みんなが安心して住める日本に戻りますように・・・
原発の問題がどうかどうか安全に解決されますように・・・

CoCo-031112-1

ゆうべはボクも一緒に黙祷を捧げました。

line-blog 
 CoCoちゃんとママの毎日のちいさな幸せ 
今日のボクのハッピー : 穏やかな日々に感謝
今日のママのハッピー : 被災地の復興の様子が見られたこと
line-blog
  1. 災害
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
避難地域の動物をレスキューするための署名 :: 2011/04/29(Fri)

避難地域の動物をレスキューするために危険区域への
専門家やボランティアの立ち入りを
許可して欲しいという署名運動が進んでいます。

目標は50000です。どうか以下のサイトでサインをお願いします。

FaceBookやTwitter、mixiでも呼びかけましたが、まだまだ足りません。
一人でも多くの方にサインをお願いします。

Please Allow Animal Rescue in Japan's Nuclear Evacuation Zone
http://www.thepetitionsite.com/26/save-animals-in-Japan-evacuation-zone/

「食べ物も水も与えられない、牛や馬、そして家庭で飼育される動物を見殺しにすることはできない」と、
IFAW(International Fund for Animal Welfare)が放射線の専門家などと一緒に
原発危険区域の動物のために5/2-5/3に東京で動物レスキューの為のサミットを行うそうです。
http://news.yahoo.com/s/usnw/20110421/pl_usnw/DC87504

CoCo-042911-1

どうか少しでも多くの命が救われますように・・・
ボクもマイアミから祈ります。
(赤いボールをくわえて日本の国旗・日の丸になってみたボク)
  1. 災害
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
取り残されているペットを助けよう!首相官邸直訴メール :: 2011/04/28(Thu)

原発避難区域に取り残された子たちを救うためのに
首相官邸への直訴メールを送ってくださいというメールを
PawPawClubメンバー様から頂き、直訴メールを送りました。

お知らせ頂いた中に「転載歓迎」という部分がありましたので
以下、転載します。ご協力を頂ければ嬉しいです。

緊急のお願い・転載歓迎

取り残されているペットを助けよう!
首相官邸にメールで呼びかけています。ご協力ください。

近いうちに20キロ圏外にも避難指示が出そうです。
立ち入り禁止区域に犬猫を残して避難している住民の皆様の心痛は
極限に達しています。

取り残されている犬猫達を救うため、当会では首相官邸に
次のようなメールをさせていただきました。

人間のことも先の見えない状況で、動物のことをお願いすることに
お叱りを受けることも覚悟しております。

家族同然に暮らしてきた命ある動物たちの救済にご理解をいただけましたら、
首相官邸までメールで『立ち入り禁止区域のペット救助のお願い』をしていただけませんか。
(注意:非常時につき電話やファックスは迷惑になりますのでお控え下さい。
以下のメールフォームからお願いします)

以下は当会が送信したメールです。
内容に賛同頂けましたら、全文、部分をコピーしてお使いいただいてもかまいません。

首相官邸ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

(当会送信のメールです)

東北関東大震災、立ち入り禁止区域に取り残されているペット至急救出のお願い

何よりも家族同然に暮らしてきたペットを置いて避難せざるを得なかった住民の苦悩に
配慮していただくようお願いいたします。飼い主さんの心痛は極限に達しています。
海外からも心配の声が高まっています。

1)立ち入り禁止区域から救助された犬猫等のペットの一時預かり場所を用意して下さい。
  保健所、愛護センター等は収容能力を超えています。
  国内外の愛護団体やグループが救出を試みています。
  こうした団体が救助したペットを即保護できる預かり場所を早急に用意して下さい。

2)飼い主への情報提供をお願いします。
  自分では救助に行けない飼い主や、ネット環境にない等情報を得にくい飼い主のために、
  救助を依頼できる愛護団体の周知をお願いします。
  避難所に団体リスト、連絡先を貼り出す等の措置をとって下さい。

  この区域で活動している団体については以下参照ください。
  http://ameblo.jp/japandisasteranimals/theme-10035507087.html 

3)飼い主自身が救出に行くための便宜を図って下さい
  屋内や敷地内のペット捜索は飼い主でなければ困難です。
  また、他人に怯え、飼い主でなければ捕まえることができないペットもいます。
  飼い主自身がを救出しに行けるよう短時間の帰宅や捜索を認め、便宜を図って下さい。  

  下記のブログで活動の様子がわかります。
  https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

納得いただけましたらご協力をお願いします。
  1. 災害
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
CoCoちゃん 2歳と2日 春の息吹 :: 2011/03/23(Wed)

 03/23/2011 CoCoちゃん 2歳と2日 春の息吹

CoCo-032311-1

今日も暑かったね!教会のお庭の噴水の傍で一休み。 

CoCo-032311-2

珍しいスパイラル型の植木です。 

CoCo-032311-3

変わった形ですね~。とってもキュートです。  

CoCo-032311-4

マリア様の像の後ろにある植木にも若芽がいっぱい芽吹いていました。 
新しい命の芽吹きってなんでこんなに幸せな気持ちになるんでしょう。 

今日は被災地のわんこたちを救うために活動してくださってる団体に
ドッグフードを50キロ(1キロ袋を50個)送らせていただきました。 
救援物資ということで、いっぱい割引してくださったフード会社さん、
本当に本当にありがとうございました。 

今回支援物資を送らせていただいた保護団体さんの
現地での活動報告「命のリレー」は以下で見られます。
http://teamangels.blog89.fc2.com/

動物保護団体としての活動の中で
過去にはいろいろな非難もあった団体のようですが、
毎日の報道の中で映し出されない犬たちのことを考えている時、
早い時期に現地に赴いて救出活動を始めて下さった団体でした。

ネットに出回る無責任な情報の何が嘘で何が本当なのか、
実際のところ私にはわかりませんが、
今、救える命に対して何ができるかだけしか考えられません。

どんな過去があっても
「今現在、被災地に行ってとても大変な中で
そこにいる子たちを救済してくださっているのは事実」で
それによって救われた命があること、それによって我が子の安全が確認できて
避難所にいても安心して休むことができた方々がいらっしゃることも事実です。

寒さと混沌の中で必死に救出作業をして下さっている事にただただ感謝です。

現地に赴きボランティアとして参加できないのであれば、
せめて「そのことに対して今、自分にできること」として
少しでも多くの子の命を助けたいと思いました。

余震や被爆の危険性がある中で、過酷で厳しい現場で
泥まみれになりながら救出作業に携わって下さっている方々へ
感謝と敬意と願いをこめて・・・。

たくさんの子が生き延びてまた飼い主さんと巡り合えますように・・・ 

line-blog 
 CoCoちゃんとママの毎日のちいさな幸せ 
今日のボクのハッピー : ちょっと早い時間のお散歩、海風が気持ちいいね
今日のママのハッピー : ずっと気になっていた支援物資がやっと送れたこと
line-blog
  1. 災害
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
CoCoちゃん 1歳と361日 毎日の祈り :: 2011/03/17(Thu)

 03/17/2011 CoCoちゃん 1歳と361日 毎日の祈り

CoCo-031711

毎日ママと一緒に祈り続けます。
キリスト様の像は白いけれど高い所にあるのでへっちゃらなボク。
  1. 災害
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ